上の町、下の駅


   (寫眞をクリックすると拡大します。)

この坂道に歩行者や自転車やバイクは入れるが、自動車は入れない。
しかしながら、元来は自動車通行用に造られたものだったことを推測させる複数の根拠がある。
・道幅が広い。
・何本もの強固な橋脚に支えられている。
・坂道の終端部に、歩道用のスペースがない。
・その終端部は大きくS字カーブを描き、県道と直角に接続している。
・坂道の途中に、画面左の高速道路からの緊急避難出口がある。

なぜ自動車の通行が禁止されているのかは分からない。

この坂道は、元々、県道から高速道路の入口につながる誘導路として作られた自動車専用道路だった・・・。
しかし、何らかの理由で高速入口の建設が中止され、その結果、自動車の代わりに歩行者を通すことになった・・・。
そんな仮説を構築してはみたものの、その正否の確認はできていない。

ともあれ、折角、自動車の通行に耐えうるように設計して貰ったにもかかわらず、志半ばで自動車用道路としての役目を放擲せざるを得なくなった時の坂道の心情は、推して知るべしである。

ところが、歩行者専用道路へと衣替えしたこの坂道は、その後、案外の役に立っているようだ。

ここが坂の上の町と坂の下の駅を結ぶ最短ルートとなったことから、引切り無しに人が通る。
日暮れ前には、坂の上の小高い丘から夕焼け空を展望するためなのか、坂の下の町の住人らしき人たちが次々に坂を上ってくる。
車が通らないため、戯れ合う子どもたちや乳母車を押す親たちも、安心して空中の歩行者天国を満喫できる。
きつい坂を上る人々は決して安らかな表情はしていないが、日頃の坂道特訓の賜物なのか生気があり、どことなく満ち足りた生活感を漂わせている。

一度は途切れたように見える道が、別の方向に続いていることもある。
坂道の今の心境は満更でもなかろうと想像するが、果たしてどうだろうか。

BGM ・・・ DAS NEUE JAPANISCHE ELEKTRONISCHE VOLKSLIED (坂本龍一)
スポンサーサイト

抽象と直観



人と土地を襲い、民族に圧し掛かる理不尽な運命。
何が我らに力を与えてくれるのか。

湾岸戦争時にイスラエルフィルを指揮して無料演奏会を連日開催し、戦地の人々を鼓舞して回った経験を持つズービン・メータが、昨日の日経新聞で語っている。

「抽象的で純粋な音楽作品が持つ力、悲劇的状況下の人々に放つメッセージの強さを、過小評価してはならない。」

過酷な運命が次々に現実化する。
辛い現実に直面すればするほど、それに立ち向かう意味について自問自答を繰り返し、思考は逆にどんどん抽象化していく。
元来、音楽は抽象度の高い芸術だ。
多くの人々が今、音楽に沈潜し、そこから何らかの直観を得て抽象的思考を高めていこうとしているのは、間違いないと思う。

今年2月、庄司紗矢香が無伴奏ヴァイオリンのCDを産み落とした。
バッハとレーガーの純粋器楽と、霊感に満たされた独奏者の組合せ。
運命に翻弄され、抗い、受け入れ、立ち上がる人々の姿が幾枚もの絵となって見えるような、弦の音色と残響音。
辛うじて災害発生に間に合うタイミングで、日本人の運命を予言するようなCDが現れたことは、奇跡としか言いようがない。
今という時間、日本という空間で生き続けねばならない我々は、作曲家とヴァイオリニストから、深遠で痛切なメッセージを各人各様の文脈で受け取るだろう。

極度に非日常的な光景が日常的に連続投影されるこの国の先に、一体どんな日々が待ち受けているのか、誰もが不安を抱えている。
そんな日本に期せずして同期することとなったこのCDには、未来の日本の風景が無数に詰まっているに違いないと結論し、あえて風景寫眞のブログに載せることで決着した。

先駆的人物


   (寫眞をクリックすると拡大します。)

「某研究所が開発中の第五世代コンピュータは、人の心を読み取り、各人が30歳までに行った善と悪をすべて記録する機械だ。こんな恐ろしい機械の研究開発は、一刻も早く中止させてくれ」
初対面の男性にいきなりそう言われ、直ちにお引き取り頂いてから、もう20年以上が経つ。

気が付けばいつの間にか、「貴方はこんな本が読みたいのでは?」、「あの人が欲しがっているプレゼントはこれかも?」、「貴方はこの人と友だちでは?」などと、心の中は読み取られて当たり前の世の中になっている。
あの時の男性は、今、恐れていたことがそのまま現実になってしまったと、絶望感に打ちひしがれているのだろうか?

甚だ見晴らしの良い広大なキャベツ畑の真ん中に、世界有数の電波監視基地がある。
人里離れた半島の台地の上に、部外者立入禁止の一画を設け、地上や宇宙から届く怪しい電波を追い続けている。
これを見たらあの男性は、自分の脳波を盗み読む連中はこんな所にいたのかと、合点がいくのだろうか?

BGM ・・・ Neon Lights (クラフトワーク)
プロフィール

vevey

Author:vevey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR