退魔の呪符


   (寫眞をクリックすると拡大します。)

日が暮れる頃、林の中を進んで行くと、突然、道端のライトが点灯し、強い光を浴びせてきた。
不意打ちされて驚く自分の姿を、防犯カメラが録画している。
いつの間にか、立入禁止区域に入り込んでいたようだ。

とっとと引き返そうとした時、奇妙な立て札が視界に入ってきた。
読めない文字、謎の紋様、一体これは何なのか。

意味は分からないが、呪いを掛けられているようで、気味が悪い。
薄暗くなってきた林が、急に危険な鼓動を開始したように感じる。
一刻も早く立ち去らねばと焦りつつも、慎重にシャッターを切り、映像を持ち帰った。

調べてみたところ、「喼急如律令」は、秩序を維持せよ、秩序を乱す魔物は退散せよ、という意味の呪文らしい。
どうやら本当に、呪いを掛けられていたようだ。
早々にその場を離れたので、退魔の呪文は無効化できたと思うが、その他の文字や紋様がどのような呪力を持っているのかは、今もって謎のままである。
まだ安心はできない。

BGM ・・・ 心臓の扉 (マライア)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: これは、

随分前の冩眞にコメントつけて頂き、ありがとうございます。
ヤバいとは思っていたのですが、やっぱそうなんですか?
プロフィール

vevey

Author:vevey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR